スキームとダックのを紹介。

イワシの缶詰でも似たような議論が起きたという。アエタの人びとはピナトゥボの渓流で捕った魚を調理して頭ごと食べていた。尾頭つ(おかしら)きだ。頭はおいしいし栄養があると信じていた。缶詰のイワシには、しかし、頭がなかった。なんだ、この魚は!平地の者にばかにされたと誤解して、食べなかった者もいた。下界の加工食品を受け入れられず、避難先の閉塞的生活にも耐えきれず、精神に異常をきたしたすえ、火山灰に覆われた山に一戻り、行方知れずになったアエタ族もいるという。ディソンはコーヒーが病みつきになり、いまは尾頭なしのイワシのトマト・ケチャップ煮でも食べるようになった。「でもねえ、このイモだって。」再定住地の庭でとれたキャッサバを私にすすめながら、彼はつぶやくのだ。「山に植えたやつのほうがよほど大きくてうまいですよ。アバウ(コガネムシの一種)もカエルも、うまかったですよ」ヤマイモの形ながら皮が木質で硬いキャッサバは、こんがりと焼けていて、皮をむいて噛むとにむせるようなでんぷんの味が広がった。甘みを抜いたサツマイモの味である。

しか し母は、きのうも、おとついも、ここに居た。そして私が何度も電子レンジを使っているのを見ていたではないか。自分でも使っていたはずである。そのころ私が大阪へ行くと、母の手作りの料理が食卓に並ぶことはほとんど無くなっていた。たいていの物は、駅前のスー。ハー「ダイエー」で買ってきたおかずだった。私は味気ない思いをしていたのだが、(独り暮らしなんだもの。作る気もしないでしょうね。それに、昔から、母さんはそんなに料理の好きな人ではなかったから)善意に解釈して諦めていた。しかし、二階の麻里から見れば、母はくさったものまで捨てない変な人だから、母の作る食事は不潔で危険だと思っていたことだろう。母と麻里には、四十一歳の年の開きがある。二人の感覚の違いは、世代間に共通したものであり、深くて暗い越えられぬ川のようなものだ。

つうかきき一九七一年(日、アメリカのニは次の内容のドル防衛政策「。月日)で会談を重ね、一月一七一八日、ワシントンのスミソニアン博物館での一0か国蔵相会議で合意が成立した。三O国際収支の赤字を減ー卜で買い取らねばならないが、それは自国通貨の大増発を招く西ヨーロ二動)」変動レトに移行して一を決定した首相官邸でひらかれた追放解除者のパ万三一九O四人ーティー(一九五一年八月二八)レトを原則として固定するこ万六四二五人の解除を発表、八月二日には鳩山一郎など各界一の解除を発表したこれ以後も追放解除の動きはづき、五二年四月二八日の講による自動解除までに、公職放にあった者全体の三分の二上が追放解除となっている。

「おかあさんずつと愛してるよとか、いままで育ててくれてありがとうとかね。飼い主ざんには全部紙に書いてお伝えします。言葉で聞こえてくるわけじゃありませんけどね。波動というかテレパシーというか。過去世とかはビジョンとして浮かんできます。けつきよく犬も猫も、そういう言いたいことがあってそれが伝わらない、伝えられない。それが病気の大元犬も猫も、そうい月になるわけですね」じっさいにコミュニヶーターとなる奥さんの理恵子ざんに聞いてみた。 3未知なる治療法でペットを救う人びとそれはどんな形で聞こえてくるのですか?豆呈癖で入ってくることもあれば映像で来ることもあります。いっしょに見てるような風景として過去世とかを見せてくれるときもあります。あと、エネルギーとして入ってきたものを私が自分の中で翻訳する場合もあります」こんな話もあったそうだ